本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.096-234-6980

〒861-3106 熊本県上益城郡嘉島町上島字長池2232

イオンモール熊本1階PeTeMo内

犬の混合ワクチン

ウィルス感染症は治療薬が少なく、命を落とすことも。

完全室内飼いのワンちゃんでも毎年多くの子がウイルス感染症で来院しています。定期的なワクチン接種でワンちゃんを感染症から守ってあげましょう。

定期的な混合ワクチン

ウィルスに対する抵抗力をあげ、命に関わる感染症からワンちゃんを守る為に、重要なのがワクチンです。

混合ワクチンは一本の注射液の中に複数の種類の病気に対するワクチンが入った製剤のことです。
当院には 混合ワクチンとして「10種混合ワクチン」と「6種混合ワクチン」があります。
 

混合ワクチンにより対策ができる病気

  1. ジステンパー
    主な症状:下痢・脳炎
    感染経路:飛沫感染
    特徴:致死性
      
  2. パルボウィルス
    主な症状:出血性下痢
    感染経路:感染便
    特徴:致死性・ウィルス非常に強い
  3. アデノウィルス2型
    主な症状:気管気管支炎
    感染経路:感染犬の分泌物
    特徴:重度になると致死性
  4. 伝染性肝炎
    主な症状:肝炎
    感染経路:感染犬の分泌物
    特徴:致死性
  5. パラインフルエンザ
    主な症状:気管気管支炎
    感染経路:飛沫感染
    特徴:子犬の咳・伝染力強い
  6. コロナウィルス
    主な症状:下痢
    感染経路:便・嘔吐物
    特徴:重度になると致死性
  7. レプトスピラ感染症(カニコーラ・イクテロヘモラジー・グリッポチフォーサ ・ボモナ)
    主な症状:肝炎・腎炎
    感染経路:ネズミの尿・土壌・河川・田畑
    特徴:人畜共通感染症 重症例で死亡率高い
6種混合ワクチンでは上記の1から6の感染症を、10種混合ワクチンでは1から7の感染症を予防します。(レプトスピラは4型)

混合ワクチンは生後2か月齢以降に、1ヶ月間隔で2回接種します。その後は年1回の追加接種により免疫力を維持します。

「ワクチンを接種する頻度を減らしたい」、「ワクチンによりアレルギーが出てしまった」という方は、病気に対する免疫ができているかは採血をして行う「抗体検査」により確認することができますのでご相談ください。

生活環境に合わせて適切なワクチンを獣医師がご案内いたしますので、ご相談ください。

Kashima Animal Clinicカシマ動物クリニック

〒861-3106
熊本県上益城郡嘉島町上島字長池2232
イオンモール熊本1階PeTeMo内
TEL 096-234-6980
FAX 096-234-6436

診療時間

平日:10-12時・15-18時
土曜:10-12時・15-17時
休診日:木曜・日曜・祝日
    第1水曜日
(第1水曜日が祝日の場合は第2水曜日が休診)