本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.096-234-6980

〒861-3106 上益城郡嘉島町イオンモール熊本1階PeTeMo内

獣医師紹介veterinarians

吉井 ゆうた

吉井先生

鹿児島大学農学部獣医学科卒業

診療で心がけていること

診察中に直接診せて頂いたことと、飼い主様がお家で見られていることのどちらもが重要な事と思っております。ですので、できるだけお家での様子を教えていただけるように心がけております。

コメント

久しぶりに地元に戻ってきたのですが、落ち着くというよりも、懐かしくも新鮮さの方が多い気がして戸惑ってます。 少しでも皆様の生活のお役に立てればと思っています。

過去の論文・発表

  • 全身性エリテマトーデスと診断したウェルシュコーギーの1例 (2013 卒後研修会)
  • 発咳を主訴とした犬69症例におけるレントゲン検査による原因の探求 (2014 卒後研修会)
  • シルディナフィルが著効した肺石灰沈着症に起因する肺高血圧症の1例 (2014 鹿児島大学小動物臨床フォーラム)
  • 犬の慢性血栓塞栓性肺高血圧症の1例 (2014 九州小動物医学会)
  • 心室中隔が著明に菲薄した拡張型心筋症の犬1例 (2015 鹿児島大学小動物臨床フォーラム)

藤原 りょうすけ

藤原先生

鹿児島大学農学部獣医学科卒業

所属

鹿児島大学小動物臨床フォーラム  

診療で心がけていること

病院の来院されるワンちゃん猫ちゃんは中には「病院大好き」「触診も撫でてもらってるみたいで嫌いじゃないよ」 という子もいらっしゃいますが、ほとんどの子たちは少なからず怖かったり、怒っていたりしています。 極力目線を低くして、話しかけながら患者さんの恐怖が少ないように診察や治療ができたらと思っております。 オーナー様との会話も大切にしているので話しやすい雰囲気を作っていきたいと考えております、気軽に診察室に入ってくださいね。

コメント

引っ越しや手続き関連で、なかなか腰の落ち着かなかった4月をすぎ、熊本での生活もだいぶ慣れてきました。 ここ1ヶ月は風邪を家族で順繰りに回していたのであまり外出もできなかったのですが、最近は少し落ち着きを見せております。 でもいざ遠出しようと思うと酷暑だったり大雨だったりと天気に許してもらえず、毎週今度こそはと思いつつも日常の雑務で休日が終わっていきます。 水前寺動植物園にライオンの赤ちゃんが来たとのことなので、ぜひ会いに行きたいのですが間に合うでしょうか? 最近の楽しみは自分が作ったご飯を子供が旺盛な食欲で平らげてくれることです。 どこに胃袋が入ってるんだろうと不思議になるくらいですが、自分も小さいときはそう思われていたのだなとしみじみ見ています。

論文・発表

  • 大動脈小体腫瘍を疑った犬の4例(2014年 卒後研修会)
  • 洗浄により完治した犬の肝膿瘍の犬の1例(2015年 九州小動物獣医学会・鹿児島大学小動物臨床フォーラム)
  • フィラリアつり出し術を試みた猫の1例(2016年 鹿児島大学小動物臨床フォーラム)
  • 肝リピドーシス時のチューブフィードにより肝性脳症を発症した猫の1例(2017年 鹿児島大学小動物臨床フォーラム)
  • 心筋障害を疑った犬の1例(2017年 卒後研修会) 
  • ヘモプラズマ症とIMHAの併発を疑った猫の1例(2018年 鹿児島大学小動物臨床フォーラム)
  • SFTSと診断した犬猫の4例(2018年 卒後研修会)
  • 血液培養を行った犬の子宮蓄膿症の18例の比較検討(2019年 鹿児島大学小動物臨床フォーラム)

村上 ゆういち

村上先生

麻布大学獣医学部獣医学科卒業

診療で心がけていること

オーナ様からの犬猫の症状に対する問題点(主訴)と診察までの過去の様々なヒストリー(既往や投薬歴、各種予防の有無など)を丁寧に聞いて問診し、触診や聴診、視診などの診察台の上での身体検査を大事にしています。  
問診および身体検査より疑わしい疾患や見逃してはいけない疾患を判断・提示し、疾患を判断するために必要な検査やその疾患の治療内容、また再発の可能性や予後などについて科学的根拠に基づきながらオーナー様に分かりやすい言葉で丁寧に説明することを心がけています。

コメント

私は、経験をつむことと全体的な知識や技術の向上が大事だと思っています。そのために科学的根拠に基づいた上で出来うることを試し、様々な意見を取り入れ、素直に偏見なく目の前の症例一つ一つについて考え診断を下し、治療を行い、その効果を判定するということを繰り返していきたいです。 動物の健康とオーナ様が毎日楽しく動物達と過ごせるように、動物に優しい医療を常に考えて日々業務にあたっています。


城南さくま動物病院メディカルチーム

当院のメディカルチームは、本院である城南さくま動物病院のメディカルチームの一部でもあります。本院と密な連携を図り、お互いにサポートをしながら質の高い獣医療を提供しています。

その他のメディカルチームメンバーについては、こちら

Kashima Animal Clinicカシマ動物クリニック

〒861-3106
上益城郡嘉島町上島字長池2232 イオンモール熊本1階PeTeMo内
TEL 096-234-6980
FAX 096-234-6436

診療時間

平日:10時〜12時・15時〜19時
土曜:10時〜12時・15時〜17時
休診日:日曜・祝日・第1水曜日
(第1水曜日が祝日の場合は第2水曜日が休診)